ノロウイルスを予防しよう|苦しむ前にできること

男女

感染しないために

細菌

感染を防ぐ

寒い季節になると、近年、ノロウイルスの話題が報道され、患者数がどれほど発生しているか、といったニュースが増えてきます。ノロウイルスはウィルスの一種であり、はっきりは断定されていないものの、ウイルスをもつ二枚貝の摂取が疑われており、それを体内に取り込んだ時に発症すると考えられています。このウィルスの特徴としては、感染力が強いことが挙げられ、特に人から人への感染には、数少ないウィルスでも爆発的に増殖することから注意が必要です。感染の予防法としては、人から人への感染ルートを遮断することであり、感染者の便や汚物を触らないことはもとより、ノロウイルスが付着している可能性のある感染者が触った場所の殺菌が効果的です。

特徴を知って対処

ノロウイルス予防に重要なことは、まずは発症しないように、危険といわれている行為をしないことが一番の近道であり、生ガキ、殺菌されていない生水なども含め、できる限り信頼性のない生ものを摂取しないことです。ノロウイルスは、熱に弱いという特徴を持っており、85℃1分という加熱をすることで、完全な予防を擦ることができるのです。特に、体調がすぐれず、抵抗力が落ちているときなどは、生ものの摂取を避けることは、重要なこととして知られています。また、家族に高齢者、幼児がいる場合、健常者には問題がおこらないものでも、感染源となることがあり、注意するに越したことはありません。ノロウイルスとは、現状、劇的に回復する薬がないことからも、予防こそが最大の対策となっているのが現状です。

冬も健康に過ごす

考える女性

冬に多くなるノロウイルスは、嘔吐や下痢など辛い症状を引き起こします。これを防ぐためには、手洗いをしっかりと行うことが大切です。また、感染経路を把握し、牡蠣はよく熱したり、マスクをしたりして予防する必要があります。

Read More..

手洗いと加熱殺菌が重要

ウーマン

ノロウイルスは感染力が高いのが特徴であり、アルコールはあまり効果がありません。手洗いが予防の基本ですが、次亜塩素酸ナトリウムが効果的なので流行りだしたら薄めたものを用意しておきこまめに消毒するとよいでしょう。ほか、加熱処理の不十分な二枚貝などにも注意が必要です。

Read More..

食中毒にならないために

腹痛

ノロウイルスは急性胃腸炎を発症させるウイルスで、症状も一般的な食中毒の中でも発症率が高くて重症となるケースが多いです。飲食店や学校などの多数の人が集まる場所での集団感染のリスクもあることから、徹底的な予防や対策が重要視されています。

Read More..